So-net無料ブログ作成

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

債務整理 自己破産 減額後 [債務整理後の借り入れ]

債務整理の中でもレベルがあり、もうどうにも払えないという額の借金であれば自己破産ですべてゼロにしてしまうことになります。しかし、将来収入が見込めそう、借金を減らせば支払っていくことができそうという時に、おこなわれるのが任意整理や民事再生といったものになります。
 どちらも減額後の金額をきちんと返していくことになります。任意整理をすると債権者からの取立てがストップします。なので、借金のことでびくびくする必要がなくなるんです。そして、過去に払いすぎた利息を現在残っている借金から減らすことができるので、毎月の返済額が減額されたものになるんです。
 減額後の金額を見てみると以外にも自分が支払っていけそうなものになっていることが多いので、自己破産までしなくても解決できるという場合があります。自己破産だと借金はなくなっても住む家を失ってしまうので、生活が厳しくなりますよね。なので、減額してもらえるなら助かるという時には自己破産以外の債務整理をおこなうといいでしょう。

債務整理 生活 保護 [債務整理期間]

借金が膨らんでしまったので債務整理をしてもらおうと思っても、もし自分が生活保護を受けている身だったらどうしますか?そもそも生活保護を受けている人は、債務整理をおこなうことができるのでしょうか?
 答えから言うと、弁護士などの意見をまとめたところ債務整理ができないことがほとんどです。生活保護自体、もらえるお金は本当に最低限のものでしかありません。なので、そこから債務整理後の借金を支払っていくというのも困難なことです。そして、生活保護をもらっているのに借金をそこから返しているというのはあまりいい印象ではありません。こういった理由で、債務整理ができないことがあるんです。
 でも、債務整理の中でも自己破産においてはすることが可能となっています。なぜなら、生活保護の身では借金が返すことができなくなってくることがあるからです。生活保護の身であれば債務額が100万円以下でも自己破産ができるようになっています。

債務整理 生活 任意整理後 [債務整理 カード]

債務整理の中にある任意整理ですが、これは裁判所を通さずに債権者と話し合いをして借金を減額してもらうというものになります。裁判所を介さずにおこなわれるので、通知書が届いたり連絡が来たりといったことはありません。では、任意整理後の生活はどんなふうに変わるのでしょうか? 
 それは、減額されたものの今までどおり残っている借金をきちんと支払っていかなければいけないということです。これは、当然のことですよね。借りたものを返さないとそれは法律違反になってしまいます。なので、生活としては借金が残っているので、借金を返しながらの生活ということになります。つまり、あまり大きくは変わらないかもしれません。
 でも、減額してもらった分、支払い期間が短くて済むようになります。後3年で支払いが終わると思えば、仕事をがんばって毎月返済していくとあっという間でしょう。新たな目標ができるので、こちらの方がしっかりと計画を立てて返済することができるかもしれません。

お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。