So-net無料ブログ作成
検索選択

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込
債務整理 カード ブログトップ

債務整理 生活 任意整理後 [債務整理 カード]

債務整理の中にある任意整理ですが、これは裁判所を通さずに債権者と話し合いをして借金を減額してもらうというものになります。裁判所を介さずにおこなわれるので、通知書が届いたり連絡が来たりといったことはありません。では、任意整理後の生活はどんなふうに変わるのでしょうか? 
 それは、減額されたものの今までどおり残っている借金をきちんと支払っていかなければいけないということです。これは、当然のことですよね。借りたものを返さないとそれは法律違反になってしまいます。なので、生活としては借金が残っているので、借金を返しながらの生活ということになります。つまり、あまり大きくは変わらないかもしれません。
 でも、減額してもらった分、支払い期間が短くて済むようになります。後3年で支払いが終わると思えば、仕事をがんばって毎月返済していくとあっという間でしょう。新たな目標ができるので、こちらの方がしっかりと計画を立てて返済することができるかもしれません。

債務整理カード [債務整理 カード]

債務整理中にカードは作れるのかについてご説明したいと思います。自己破産・個人再生・任意整理などの手続きをおこなうと信用情報機関にその情報が記載され、クレジット会社はその情報をもとに審査をします。そのため債務整理をした直後だと審査が通らないことがほとんどです。

しかしこの情報にも保有期間というものがあって、この期間を過ぎると債務整理の情報が消え、クレジットカードを発行することができるようになります。この保有期間は5年~10年とされています。この期間を待てずに、債務整理中にすぐにでもカードを発行したいという場合、作る方法は2つあります。ひとつはデビットカードを作ることです。デビットカードは自分の銀行口座から直接引き落としをする方法なので、厳密に言えばクレジットカードとは言えないかも知れませんが、VISAなどの加盟店で利用することもできます。

2つ目の方法としては家族カードを作ることです。家族の方に契約の主体となっていただき追加のカードとして家族カードを作ることができます。家族カードの審査は契約者よりも簡単に通るので作りやすいと言えます。家族カードなら請求は契約者本人に行きますが、カード自体は本来のカードとほぼ変わらない特典やサービスが受けられるのも利点です。





債務整理 カード ブログトップ
お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。