So-net無料ブログ作成

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込
債務整理後の借り入れ ブログトップ

債務整理 自己破産 減額後 [債務整理後の借り入れ]

債務整理の中でもレベルがあり、もうどうにも払えないという額の借金であれば自己破産ですべてゼロにしてしまうことになります。しかし、将来収入が見込めそう、借金を減らせば支払っていくことができそうという時に、おこなわれるのが任意整理や民事再生といったものになります。
 どちらも減額後の金額をきちんと返していくことになります。任意整理をすると債権者からの取立てがストップします。なので、借金のことでびくびくする必要がなくなるんです。そして、過去に払いすぎた利息を現在残っている借金から減らすことができるので、毎月の返済額が減額されたものになるんです。
 減額後の金額を見てみると以外にも自分が支払っていけそうなものになっていることが多いので、自己破産までしなくても解決できるという場合があります。自己破産だと借金はなくなっても住む家を失ってしまうので、生活が厳しくなりますよね。なので、減額してもらえるなら助かるという時には自己破産以外の債務整理をおこなうといいでしょう。

債務整理後の借り入れ [債務整理後の借り入れ]

債務整理後の借り入れはできるのでしょうか。債務整理手続きをすると金融機関は登録をしている信用情報機関に債務整理の情報が載せられてしまいます。これは自己破産、調停、任意整理に関わらず、すべての債務整理について言えることです。この情報が載っている期間内は金融機関から借り入れをすることは難しいと言えるでしょう。ただしこの情報は一定の期間が立つと消えるということも覚えておきましょう。

信用情報機関も大きく分けると3つに分かれていて、債務整理をどの金融機関でおこなうかによっても登録される機関が異なってきます。KSCとは主に銀行が属する信用情報機関です。CICとは主に信販、JICCは主に消費者金融が属しています。情報が記載される期間は最低でも5年、自己破産や、個人破産の場合は約7年~10年ほどです。

これらの債務整理の情報は期間内であればそれぞれの機関が情報を共有できるシステムになっているので、どこからの借り入れも難しいわけです。自分の情報がこの信用機関情報にどのように載せられているかは、本人であれば確認できるようになっているので気になる方は信用情報機関に問い合わせをして、一度確認してみることをおすすめします。


債務整理後の借り入れ ブログトップ
お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。