So-net無料ブログ作成
検索選択

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込
債務整理デメリット ブログトップ

債務整理 生活 受給 [債務整理デメリット]

生活保護を受給してもらっている人も世間にはたくさんいます。
それほど、社会が安定していないということでもありますが、そういった状況の人たちがもしも借金を抱えていたらもっと生活は大変なことになるでしょう。

生活していくお金がないために生活保護を受給しているのに借金も返していかないといけないのは本当に大変なことです。だからといって借金が消えてなくなるわけでもありません。
 
生活保護を受給している間は債務整理ができないのかという問題も出てきますが、弁護士によって意見は分かれてきますが、任意整理ができるという人もいます。生活保護を借金に充てていることに不満を言われたとしても借りたものを返しているのならいいのではと言う弁護士もいるんです。

ただ、生活保護のお金を借金返済に充てたことで生活保護が中止される場合もあります。借金を返すことができるなら生活もしていけるのだろうと認識されてしまうからです。なので、生活保護を受給しているときは自己破産が一番スムーズにいくようにも感じます。

タグ:給与 安定

債務整理 自己破産 デメリット [債務整理デメリット]

債務整理の中でも最終手段と言われている自己破産ですが、手続きをすることで借金からは開放されてよかったと思いますが、こんな大きなメリットだけなのでしょうか?やはり、メリットの裏側にはきちんとデメリットも隠れています。では、自己破産の場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

自己破産の手続きをすると、5年~7年程度ブラックリストに載ってしまいます。これは、借金を返すことができなかったという意味で仕方のないことではありますが、このブラックリストに載ることで、次に新しい借り入れクレジットカードをつくることができなくなります。

また、これはかなり大きいことなのですが、自宅などが処分されてしまいます。つまり、住む家を手放すことになるんです。借金がなくなっても、住む家がないのは辛いですよね。そして、官報と破産者名簿に掲載されるということも覚えておきましょう。日頃これらを目にすることはないと思いますが、知っておくことが大切です。

債務整理 自己破産 借金 [債務整理デメリット]

借金があるという人は多いかと思いますが、
自分の収入と見合っての借金であればしっかり返済はできますが、
それ以上の多額の借金となると返す目処もたたなくなってしまいます。
それでも借りたものは返さないといけませんよね。

そこで、助けてくれるのが債務整理です。
借金があまりに膨らんでもう自分の収入では返済することが難しくなってしまった時に自己破産という手段があります。これは、債務整理の中でも本当に最終手段になります。なので、できるなら避けたい手段でもあります。

でも、どうしようもないときは自己破産するしかありません。自己破産するとなると、ブラックリストに掲載されたりといったデメリットはありますが、借金をゼロにしてくれるので借金からは開放されます。借金は多額で返済できないと弁護士に判断された場合に、自己破産の手続きをしていくことになります。
 できるなら避けたい自己破産ですが、どうしようもないときには救いのように感じる内容となっています。本当にこまってしまった時の最終手段が自己破産ですが、返済が難しくなってきたと感じ始めたら早めに相談しておいた方がいいかもしれません。

債務整理 自己破産 違い [債務整理デメリット]

債務整理という言葉を聞くと、
同時に自己破産が思い浮かびませんか?

そして、この2つの違いって何?と疑問に思う人もいるかもしれません。

借金と関係がない生活を送っている、
借金はあるけれど問題なく返済できているといった人にとっては
ピンとこないかもしれません。

債務整理とは、借金を整理するという意味になります。

そして、自己破産は何かというと、
その借金を整理するという債務整理の中に含まれているひとつの手段なんです。

つまり、債務整理にはこの自己破産以外にも方法があるということなんですね。
債務整理の中に自己破産があるというイメージでいいかと思います。

自己破産は債務整理の中でも本当に最終手段になります。

本当に借金が膨らんでしまってもうどうしようもないと
弁護士側にも判断された場合に、この自己破産の手続きに入ります。

法律関係の言葉って難しく考えてしまいますが、
意外と中身はシンプルだったりするんです。

債務整理デメリット [債務整理デメリット]

債務整理デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず自己破産、個人再生、任意整理の手続きをした場合、信用情報機関というところに事故情報が登録されてしまいます。いわゆるブラックリストに情報が載ってしまうために、一定の期間借り入れが制限されてしまうということがあります。

借り入れができなくなる期間としては、それぞれの手続きによって期間も異なりますがだいたい約5年~10年程です。このブラックリストに記載されるのは本人だけの情報で、家族の情報が記載されることはないので安心してください。ほかにも自己破産をした場合、破産開始決定の時から免責決定を受けるまでの期間は、一部の職業に就けないというデメリットもあります。この職業とは保険の外交員であったり、警備会社の警備員などです。

また保証人にも影響が及ぶこともあり得ます。自己破産や個人再生をする場合、法律上、保証人が返済義務を負うことになるからです。おもに債務整理のデメリットとしては以上のものがあげられます。しかし巷では「自己破産をすると戸籍に記載される」とか「年金の受給が受けられなくなる」などの噂が流れていたりしますが、これは単なる噂話で実際にはありません。


債務整理デメリット ブログトップ
お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。