So-net無料ブログ作成

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

債務整理 自己破産 デメリット [債務整理デメリット]

債務整理の中でも最終手段と言われている自己破産ですが、手続きをすることで借金からは開放されてよかったと思いますが、こんな大きなメリットだけなのでしょうか?やはり、メリットの裏側にはきちんとデメリットも隠れています。では、自己破産の場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

自己破産の手続きをすると、5年~7年程度ブラックリストに載ってしまいます。これは、借金を返すことができなかったという意味で仕方のないことではありますが、このブラックリストに載ることで、次に新しい借り入れやクレジットカードをつくることができなくなります。

また、これはかなり大きいことなのですが、自宅などが処分されてしまいます。つまり、住む家を手放すことになるんです。借金がなくなっても、住む家がないのは辛いですよね。そして、官報と破産者名簿に掲載されるということも覚えておきましょう。日頃これらを目にすることはないと思いますが、知っておくことが大切です。

債務整理 自己破産 借金 [債務整理デメリット]

借金があるという人は多いかと思いますが、
自分の収入と見合っての借金であればしっかり返済はできますが、
それ以上の多額の借金となると返す目処もたたなくなってしまいます。
それでも借りたものは返さないといけませんよね。

そこで、助けてくれるのが債務整理です。
借金があまりに膨らんでもう自分の収入では返済することが難しくなってしまった時に自己破産という手段があります。これは、債務整理の中でも本当に最終手段になります。なので、できるなら避けたい手段でもあります。

でも、どうしようもないときは自己破産するしかありません。自己破産するとなると、ブラックリストに掲載されたりといったデメリットはありますが、借金をゼロにしてくれるので借金からは開放されます。借金は多額で返済できないと弁護士に判断された場合に、自己破産の手続きをしていくことになります。
 できるなら避けたい自己破産ですが、どうしようもないときには救いのように感じる内容となっています。本当にこまってしまった時の最終手段が自己破産ですが、返済が難しくなってきたと感じ始めたら早めに相談しておいた方がいいかもしれません。

債務整理 自己破産 裁判所 [債務整理 弁護士 評判]

債務整理の中でも借金を返せなくなった時にする手続きが自己破産になります。

この自己破産は自分で簡単に済ませられるものではありません。
まずは、弁護士に相談して、必要書類を揃え、
それを裁判所に持っていくことになります。

裁判所で自己破産の手続きが完了するという感じになります。

自己破産しますと言っても、
裁判所側がそれをみとめてくれないと次には進みません。
裁判所でもう支払っていくことが不可能であると判断され、
免責が許可されると借金をすべてなしにしてくれます。

借金がすべてなくなるのは助かるけれどデメリットはないの?
と思ってしまいますよね。

この自己破産においては、
20万円以下の貯金などは手元に置いておくことができるのですが、
それ以上のもの、家などは手放すことになるんです。

借金がなくなるけれど家もなくなるということを覚えておきましょう。
裁判所や法律事務所で聞く話をしっかりと聞いておくことも大切です。

債務整理 弁護士 借金返済 [債務整理 弁護士 評判]

債務整理は弁護士に相談して本格的におこなわれますが、
主な目的は借金返済ですよね。

でも、借金も人それぞれ抱えている額が違うと思います。
そこで、債務整理と一言にいってもいくつか方法があるんです。

任意整理の場合は、借金の総額や毎月の返済額を減らすことができます。
減額することで支払っていけそうだと判断された場合には、
この方法になります。

また、民事再生については今抱えている借金が返していくのは
難しそうであるということを裁判所にみとめてもらい、
減額してもらった借金を3年かけて分割で返済していくというものです。

約5分の1から10分の1まで減らしてもらえるといいます。
そして、最終手段となるのが自己破産です。

この自己破産の場合には、借金をすべて帳消しにしてくれます。
ただ、高価な財産を手放すことになります。

それでも借金の方が膨らんでしまっている場合には
この自己破産をおこなうしかありません。

借金返済にもいろんな方法があるということがよくわかります。

債務整理 弁護士 免責手続 [債務整理 弁護士 評判]

債務整理のことで弁護士に相談している中で、
免責手続きという言葉が出てきたかもしれません。

これは、いったいどんな手続きなのでしょうか?

まず、基本的な流れは通常と同じです。
債務整理をしてもらおうと思って弁護士に相談に行きます。

そして、自己破産の申し立てをするとなった時に、次のように進んでいきます。

裁判所に破産申立、裁判所が破産手続き開始決定、
破産管財人が免責除外事由の有無を調査し、裁判所に報告をします。

そして、裁判所は債権者の意見を聞きます。
ここで、免責事由の有無が決まったら、有りの場合には免責不許可が決定し、
残っている債務に責任が出てきます。

一方、無しにきまったら残った債務を支払わなくて済みます。

つまり、免責手続きというのは自己破産をしますと宣言してから
具体的に進んでいく過程の中での手続きということですね。

この免責手続きが無事におこなわれて、
晴れて借金から開放されるということになります。

債務整理 弁護士 代理人 [債務整理 弁護士 評判]

債務整理といえば弁護士の役割なので、
法律事務所に相談することになりますが、
本人ではなく代理人と呼ばれる人が相談に行っても大丈夫なんでしょうか?

たとえば、本人の保護者や配偶者であっても債務整理が可能なのか気になると思います。

答えから言うと、本人がいないと債務整理を行うことはできません。
相談にも代理人がすることはできません。

そして、いざ債務整理するとなった時も本人が動かないと進みません。
なので、基本的には代理人というのは無理ということがわかりますね。

これは、借り入れ情報などが個人情報に当たるので、
いくら近親者でもダメということなんです。
重要な個人情報となってしまうからなんですね。
何よりも重要な個人情報なるため、代理人は手続きに来れないということがいえます。

代理人が行っても意味がないこと、
自分で作ってしまった借金なのでしっかりと債務整理の最後までも責任を持つことが大切です。

弁護士が専門的な手続きはしてくれますが、
本人が動かないと進まないということですね。

債務整理 弁護士 司法書士 [債務整理 費用]

債務整理といえば弁護士の役目だから弁護士に相談しないとと思いますよね。
確かに、基本的に債務整理の手続きをすべておこなうことができるのは、
弁護士になります。

しかし、弁護士ではなく司法書士もこの債務整理に関わることができるんです。

でも、弁護士と同じようにすべての手続きができるわけではありません。
相談者の借金の金額が140万円以下か以上かによって変わってきますが、
以上になった場合に裁判所に交渉したり訴えたりする権利は司法書士にはありません。

弁護士にはできる権利があります。

そして、弁護士は本人の代理人として動くことができますが、
司法書士の場合には動くことができません。

なので、弁護士に比べると肩身が狭くなるといえます。
つまり、近くに信頼できる弁護士がいたら、その人に相談するのが一番です。

司法書士が普段から扱っている案件の中には、
債務整理というのはないので弁護士専門の分野となってくるんです。

債務整理 弁護士 費用 [債務整理 弁護士 評判]

債務整理を依頼しようと思ったら弁護士に相談するしかありませんが、
みなさんは何を基準に法律事務所を選びますか?

親身になって相談を聞いてくれるところももちろんですが、
相談しているうちに費用がかさんでいくのはかなり気になりますよね。
それなら、少しでも相談の費用が安いところが安心です。

そこで、法律事務所の中でも比較的リーズナブルな料金設定になっていると言われているのが、
A法律事務所です。債務整理に関する相談は無料となっているからです。

無料なら何回相談したから何円と計算をする必要もなく、
安心して納得がいくまで相談することができるでしょう。

さらに、このA法律事務所は女性に人気があるんです。
それは、女性専用窓口があるからです。

借金のことを相談しにくいという時にも気軽に相談できるようになっています。
相談することで肩の荷が下りるので女性専用窓口を利用して、
ぜひ自分の悩んでいることを相談してみてください。

お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。