So-net無料ブログ作成
検索選択

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込

債務整理カード [債務整理 カード]

債務整理中にカードは作れるのかについてご説明したいと思います。自己破産・個人再生・任意整理などの手続きをおこなうと信用情報機関にその情報が記載され、クレジット会社はその情報をもとに審査をします。そのため債務整理をした直後だと審査が通らないことがほとんどです。

しかしこの情報にも保有期間というものがあって、この期間を過ぎると債務整理の情報が消え、クレジットカードを発行することができるようになります。この保有期間は5年~10年とされています。この期間を待てずに、債務整理中にすぐにでもカードを発行したいという場合、作る方法は2つあります。ひとつはデビットカードを作ることです。デビットカードは自分の銀行口座から直接引き落としをする方法なので、厳密に言えばクレジットカードとは言えないかも知れませんが、VISAなどの加盟店で利用することもできます。

2つ目の方法としては家族カードを作ることです。家族の方に契約の主体となっていただき追加のカードとして家族カードを作ることができます。家族カードの審査は契約者よりも簡単に通るので作りやすいと言えます。家族カードなら請求は契約者本人に行きますが、カード自体は本来のカードとほぼ変わらない特典やサービスが受けられるのも利点です。





債務整理でも借りれる [債務整理でも借りれる]

債務整理でも借りられる業者は確かに存在しています。信用情報機関のいわゆるブラックリストに情報が登録されてしまっている人にも融資をしてくれる業者について具体的にご紹介したいと思います。A社の場合、実質年率は10、95%~20%、限度額は50万円、保証人は原則不要、返済期間は1~36カ月、返済方法は元利金等返済、リボルビング返済、元利金等払い、一括返済などがあり、対応エリアは全国です。

この株式会社は過去に自己破産をした人でも、免責決定している場合、その決定の日付を報告することで融資の審査をしてくれるようです。B社の場合、実質年率9,5~18%、限度額300万円、保証人も原則不要、返済期間1~80回、返済方式は借入金額スライドリボルビング方式です。この業者の場合、借りて1週間以内に返済すれば、何回借りても無利息でOKというのが大きな特徴です。C社は実質年率が12,0%~18、0%、限度額が50万円、保証人も原則不要、返済期間も3年以内、返済方式は自由返済、元利均等という方法のようです。 このC社は債務整理中の人への融資実績が多数あります。このような業者も全国にいくつかあるので、債務期間中にどうしても借り入れが必要な時に探してみられてください。

債務整理期間 [債務整理期間]

債務整理期間について簡単にご説明したいと思います。債務整理には自己破産・個人再生・弁護士などによる任意整理がありますが、これらをおこなうとある一定期間各信用情報機関にその情報が記載されるシステムになっています。情報が記載されている間は新たに借り入れをすることができなくなってしまいます。どの手続きをおこなったかで期間も異なります。またどの信用情報機関に登録されたかによっても期間が変わってきます。

具体的に言うと、日本信用情報機関(JICC)の場合、自己破産・個人再生・任意整理ともに5年間です。CICの場合だと、自己破産に関しては5年、個人再生・任意整理については記載されないことになっています。全国銀行個人信用情報センターだと、自己破産・個人再生の場合は10年、任意整理については5年となります。しかし、さまざまな状況によって若干の相違が出ることもあります。自分の現在の個人情報がどのように記載されているのかを知りたい時は、本人であれば開示を請求することができます。もし個人情報が誤って記載されている時などは訂正・削除もできます。開示の請求の方法は各信用情報機関のホームページで知ることができます。



債務整理ブログ [債務整理ブログ]

債務整理ブログとインターネットで検索してみると、債務借金についてのブログが多数検索できます。自分の債務整理についての体験談をもとに書かれたブログや専門の弁護士や司法書士が債務整理についてのアドバイスを紹介している内容のブログなどもあります。中には多重債務をかかえた人の借金返済にまで至る経緯をつづったブログもあって、債務返済中の人が読むとかなり元気づけられるブログも多数あります。

このようなブログを見てみると、いかに多くの人が借金返済に苦労しながらも日々努力をし、借金を全額返済し終えることができたかを知ることができます。多くの人の体験談を読むと、自分もきっと同じように返済し終えることができるはずであるという希望を持つことができます。ほかの人の体験談から、自分の債務整理の方法について新たな方法が見つかるかも知れません。債務整理をしようと考えている方が、弁護士や司法書士に相談に行く前に、自分なりにこうした債務整理ブログを読んで勉強をしておくのもおすすめと言えます。

さまざまな情報を知ることができる債務整理についてのブログは、債務を抱えてしまった人の駆け込み寺のような存在ともいえるかも知れません。

債務整理 費用 [債務整理 費用]

債務整理費用はどの程度かかるものなのでしょうか。まず最初に、各事務所は無料相談というものを実施していますので、ぜひともそれを利用しましょう。そこで債務整理にかかる費用の総額を尋ねることができます。さまざまな実績を積んでいる信頼できる事務所だと、いろいろなケースを把握していて正確にかかる費用を教えてくれます。

ある事務所を例にとって紹介してみると、任意整理にかかる費用だと債務者数が1社のみの場合は\32400、2社以上の場合は1社につき\21600程かかります。これらかかる費用も分割払いできるようにもなっていて、支払は柔軟に対応してくれるとのことです。基本的にこの費用は手続きに必要なすべての費用を含んだ値段になっていて、和解が成立した時などの成功報酬などは一切かからないようになっています。

自己破産の費用の場合だと、債務者数が1~5社の場合は¥175000、6~10社だと¥200000と債務者数によって費用が変わってきます。もし自己破産費用の支払いが困難な場合は一定の資力基準を満たせば、「民事法律扶助」の立て替えの申請をすることもできますので、司法支援センターなどに相談するのも良いかも知れません。



債務整理後の借り入れ [債務整理後の借り入れ]

債務整理後の借り入れはできるのでしょうか。債務整理手続きをすると金融機関は登録をしている信用情報機関に債務整理の情報が載せられてしまいます。これは自己破産調停、任意整理に関わらず、すべての債務整理について言えることです。この情報が載っている期間内は金融機関から借り入れをすることは難しいと言えるでしょう。ただしこの情報は一定の期間が立つと消えるということも覚えておきましょう。

信用情報機関も大きく分けると3つに分かれていて、債務整理をどの金融機関でおこなうかによっても登録される機関が異なってきます。KSCとは主に銀行が属する信用情報機関です。CICとは主に信販、JICCは主に消費者金融が属しています。情報が記載される期間は最低でも5年、自己破産や、個人破産の場合は約7年~10年ほどです。

これらの債務整理の情報は期間内であればそれぞれの機関が情報を共有できるシステムになっているので、どこからの借り入れも難しいわけです。自分の情報がこの信用機関情報にどのように載せられているかは、本人であれば確認できるようになっているので気になる方は信用情報機関に問い合わせをして、一度確認してみることをおすすめします。


債務整理期間中でも融資可能 [債務整理中でも融資可能]

債務整理期間中でも融資可能な消費者金融機関について書きたいと思います。債務整理中に本人や家族が病気になってしまったり、会社が倒産してしまうなど予測できないことが生じた時、まとまったお金が必要なのに銀行などでは借り入れができないという状況になりますよね。しかし融資可能な業者というものも存在します。

過去に金融事故を起こしてしまった業者には借り入れが基本的にできないとは言え、そのほかの業者ならば融資が可能かも知れません。これはあくまでも可能かも知れないという程度で、必ずできるとは言い切れないのが実情です。なぜなら最近では、任意整理や過払い請求などの手続きをした人に対する融資基準も厳しくなりつつあるからです。

ただ逆に自己破産をした後の借り入れのほうが、可決しやすいという現実もあるようです。全国に債務整理中でも融資をしてくれるという業者が数社あります。過去に金融事故があった人でも融資をしたという実績が多数ある消費者金融もあるので、一度インターネットの検索などでさがしてみるといくつかの業者が検索できます。債務期間中にどうしても借り入れが必要になった場合に、あきらめる前に探してみると良いかもしれません。

債務整理 弁護士 評判 [債務整理 弁護士 評判]

債務整理弁護士評判は弁護士や司法書士を選ぶときに考慮する重要なポイントとなります。費用が安いというだけで弁護士や司法書士を選ぶと、実際に債務整理をするときに債権者から有利な条件を引き出せないという場合もあります。実績や経験を多く積んだ弁護士や司法書士だと、人気もあるためにそれなりの費用が設定されているようです。

費用が安いか高いかで選ぶよりも、その人の担当実績から判断して弁護士や司法書士を選ぶのが得策と言えるでしょう。多くの事務所では無料相談を実施しているので、それを活用するのが良いでしょう。実際に自分の現状を話してみてどんなプランがあるのか、またその件についての過去の実績などについても尋ねてみることができます。無料相談を1社だけ受けても、その事務所に依頼するのが妥当かどうか判断に悩むことがあります。

できたら3~4件ほど無料相談で事務所をまわってみて、それぞれの事務所を比較するのが良いでしょう。それぞれの事務所を比較して、総合的に判断して条件の良い所を選ぶようにしましょう。インターネットで検索してみてもいろいろな事務所の実績が紹介されているので、それを参考にしてみるのも良いかもしれません。




タグ:無料相談

債務整理住宅ローン [債務整理 住宅ローン]

債務整理住宅ローンを組めるのでしょうか。債務整理をすると信用情報機関に情報が登録されてしまいます。住宅ローンを組む時はこの信用情報機関の情報をもとに審査がおこなわれるので、当然以前におこなった債務整理情報は住宅ローンを組む時にはマイナスポイントとなってしまいます。この信用機関情報に記載される期間は、債務整理手続きにより期間が異なります。

自己破産の場合は約7~10年、個人破産は約7年~10年、任意整理の場合は約5年となっています。つまり10年間過ぎれば情報は消えるということです。もし自分の信用情報を確認したい時には、開示を要求することもできます。直接信用情報機関に出向いて確認しても良いですが、郵便で取り寄せることも可能です。ただ住宅ローンを組む場合に審査される情報は、信用機関情報だけにとどまらず、現時点での収入や将来性などの多方面に及びます。

信用情報がきれいに削除されていたとしても、審査が必ず通るとも限りませんので注意が必要です。ほかにも以前に債務整理をした金融機関では、住宅ローンを組むことが難しい場合もあることは覚えておいた方が良いかも知れません。ほかの金融機関では審査が通る場合もあります。


お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。