So-net無料ブログ作成

リヴラ総合法律事務所 WEB 相談申込
-| 2014年11月 |2014年12月 ブログトップ

債務整理デメリット [債務整理デメリット]

債務整理デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず自己破産、個人再生、任意整理の手続きをした場合、信用情報機関というところに事故情報が登録されてしまいます。いわゆるブラックリストに情報が載ってしまうために、一定の期間借り入れが制限されてしまうということがあります。

借り入れができなくなる期間としては、それぞれの手続きによって期間も異なりますがだいたい約5年~10年程です。このブラックリストに記載されるのは本人だけの情報で、家族の情報が記載されることはないので安心してください。ほかにも自己破産をした場合、破産開始決定の時から免責決定を受けるまでの期間は、一部の職業に就けないというデメリットもあります。この職業とは保険の外交員であったり、警備会社の警備員などです。

また保証人にも影響が及ぶこともあり得ます。自己破産や個人再生をする場合、法律上、保証人が返済義務を負うことになるからです。おもに債務整理のデメリットとしては以上のものがあげられます。しかし巷では「自己破産をすると戸籍に記載される」とか「年金の受給が受けられなくなる」などの噂が流れていたりしますが、これは単なる噂話で実際にはありません。



-|2014年11月 |2014年12月 ブログトップ
お買い得ナビ
ブログを作る(無料) powered by So-netブログ
SEO対策テンプレート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。